カテゴリー別アーカイブ: 転職情報一覧

時には息抜きをおこなうことも必要です

転職のことばかり考えているのはよくありません

 転職というものは、だれでも、早く決まることを考えます。そして、焦るあまり夢中になりがちです。そうなると、いわゆる煮詰まった状態になりやすいのです。このような状態になると、周りのことがあまり見えなくなったりしがちです。そして、大切なことを忘れたりしやすいのです。 続きを読む

自分に当てはまってない?すぐに転職したくなる人の特徴

 転職をする理由は人それぞれですが、なかには「そんな理由で転職してるの?」というような理由で、1~3年程度勤めた後さっさとやめてしまう人もいます。こういった人は転職するたびに給与も待遇も下がってしまう人は多いので、もしも現在転職を考えているのなら、何度も転職wp繰り返してしまう人の特徴が自分に当てはまらないか、チェックしてみましょう。 続きを読む

特別な経験はアドバンテージとなります

海外勤務経験者

 特別な経験が転職に有利に働くことがあります。たとえば海外勤務です。ある特定の国で働いたことのある人はその国の文化について知っており、言語に関してもある程度の知識を得ています。そのため以前に自分が住んでいた国で働ける人を探している企業に転職する場合、この経験は大きなアドバンテージとなります。 続きを読む

転職のイメージの変容と、転職を繰り返すことの注意点

転職に対する世間のイメージが良くなってきた

 最近は人材の流動化という考え方が非常に広く日本に知れ渡ってきました。今までのように、定年まで同じ会社で働き続けるというビジネスモデルは身を潜め、自分の実力や営業成績などに応じて給料が決まる成果報酬制が多くなってきています。それにともなって、転職に対するイメージも昔に比べてかなり良いものになってきました。転職をしているからと言ってキャリアに傷がつくということもありません。ですから、自分のやりたい仕事をするために、会社をある意味踏み台にしながらキャリアアップするというのも問題ないわけです。 続きを読む

転職で異業種に挑むのは無謀でしょうか

異業種に転職を考えることについて

 社会人を経験したことで、新たな価値観が生まれる場合が多いですが、その価値観によって、今まではと全然違う分野の職業に転職したいと思う方も多くいるでしょう。しかし異業種への転職は難しいと言われることが多く、よっぽどの強い信念を持っている場合以外は、失敗することの方が多いかもしれません。しかし、強い信念で転職を望む場合は別の話になります。 続きを読む

転職で豊かな感情を学ぶ

 長く仕事が続かない、働く気力すらあまり感じられないなど、転職というフレーズには必ずしもポジティブではない印象がついてまわることがあります。特に、日本では伝統文化思考が強く、長く続けるということ自体が美学のように語られたりもします。
そうなると、同じ仕事に、できるだけ長く就くということ自体が素晴らしく、どれだけ我慢強くあるのかというスタイルも含めて評価されるケースもあります。
続きを読む

ダメだと決めつけず自信を持つ事

 前職は契約社員としての形態を取って働いていました。契約→正社員という道も無くはなかったのですが、何年かかるかも分からず、またずっと契約社員のままということも有り得ると言う事で不安を感じていました。20代の内に正社員にという思いは強く、それであれば転職する方が確実だと思い、活動を開始しました。
続きを読む