xf0635081811l

30代女性の転職体験~製造業~

大学の頃の就活でそこしか内定がもらえなかったのでスーパーで働いていました。
しかし、もともと小さいスーパーで近くに大手スーパーのチェーン店ができると状況が悪くなりました。
給料が変わりませんが、残業が増え、ボーナスも減りました。

まだ20代の私にとってこのままこの仕事を続けるか悩んだ結果、仕事を辞めて東京の会社に転職先を探すことにしました。
東京だとアルバイト先も多く転職活動中に失敗しても何とか生活できると考えました。


転職活動で一番困ったのは何一つ資格を持っていない事でした。
運転免許は持っていましたが、ATなのもトラックの運送業として制限がかかりました。
今から取れる資格もなく、取ったとしても使えるとは思えず今までの経験飲みで面接を切り抜かなければなりませんでした。

資格は一つでも持っていた方が良いです。
取る資格の内容は何でも良いですが、とにかく普通の人では取れないものが良いです。
例えば英検ならば1級、TOEICならば850点~900点以上、簿記1級などです。

学生の頃何となくすすめられた簿記でしたが、必要ないと甘く見ていましたが1級を持っていると例えその能力が必要ない会社でも「努力をしてきた」ことが伝えることができます。
これは大きいです。
マイナーな資格やご当地検定を除き「1級」を一つ持っているだけで大分イメージが変わります。
再就職先に漢検1級の人がいました。もちろん仕事には役立ちません。
しかし「誰もが持っているものではない=人とは違う」という点が面接官には良く映ったと面接をした上司に言われました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>