転職のイメージの変容と、転職を繰り返すことの注意点

転職に対する世間のイメージが良くなってきた

 最近は人材の流動化という考え方が非常に広く日本に知れ渡ってきました。今までのように、定年まで同じ会社で働き続けるというビジネスモデルは身を潜め、自分の実力や営業成績などに応じて給料が決まる成果報酬制が多くなってきています。それにともなって、転職に対するイメージも昔に比べてかなり良いものになってきました。転職をしているからと言ってキャリアに傷がつくということもありません。ですから、自分のやりたい仕事をするために、会社をある意味踏み台にしながらキャリアアップするというのも問題ないわけです。

転職を繰り返さないためにするべきこと

 しかしながら、キャリアプランを立てずに転職を繰り返してしまうと、年齢を重ねるにつれて、転職が難しくなってしまいます。より上の仕事をするためにはある程度の経験や立場を得るために継続して会社に勤めることも同時に求められます。転職がわるい印象を持たれることはありませんが、1年未満で会社を転々としている場合には、理由をしっかり面接で伝えないとなかなか良い印象をもたれない可能性があります。そうした事態を避けるためにも、就職した企業には3年は最低でも勤め続けることが大切です。