結婚後の転職活動は難しい

 私は、大学卒業後、ソフトウェアを開発している会社で正社員として勤務しておりましたが、結婚を機に主人の住んでいる県へ引っ越すことになり、退職をしました。結婚後、もう一度同じ業界で働きたいと思い、ブランクの無いうちに転職活動を開始しました。

 私の場合、実務経験が2年しかなかったので『未経験者歓迎』などと謳っている会社に目をつけ、何社か連絡をしてみましたが、結婚したばかりであることや年齢をつげるとどの会社でも示し合わせたかのように聞かれたのが「お子さんの予定は?」でした。「いずれは欲しいと思っています」と答えると、「長く続けてくれる人を探しているので…」と経歴とは関係なくお断りされることが多々ありました。

 同じように結婚を機に転職活動をした経験のある友人から「子供できたら辞めちゃうから敬遠されるよ」と話には聞いていましたが、まさか自分がと思っていたのとこれまでの経歴すら聞いてもらえない状況にとてもショックを受けました。そのことをハローワークの方に相談したところ「いずれは欲しい」という答えが曖昧で企業側が不安になるので「3年間は仕事をしたいので」や「30過ぎてから」など具体的な数字で表現する方が良いというアドバイスを頂きました。それからの転職活動では、「お子さんの予定は?」という問いに対して「子供は欲しいですが、30歳までは働いて貯金をしたいと思っています」と答えるようにしていました。そして、無事に内定を頂くことができました。企業側の考えも分からなくはないのですが、子供は授かりものなのでそこを重視し過ぎないで頂けるともっと転職活動がしやすくなと思いました。