特別な経験はアドバンテージとなります

海外勤務経験者

 特別な経験が転職に有利に働くことがあります。たとえば海外勤務です。ある特定の国で働いたことのある人はその国の文化について知っており、言語に関してもある程度の知識を得ています。そのため以前に自分が住んでいた国で働ける人を探している企業に転職する場合、この経験は大きなアドバンテージとなります。

 また働いた経験がないとしても、外国に住んでいたということ自体がアドバンテージとなることもあります。全く知らない国にいきなり赴任される人と、その国についてある程度のことを身をもって体験している人とでは大きな違いがあります。そのため海外勤務、もしくは海外生活の経験がある人はそれをアピールの材料として用いることもできます。

時代遅れと思われる経験

 今では時代遅れと思われる機械の操作や、仕事経験もときには転職活動に活かされることがあります。たとえば古きよきものが見直され、商品が復刻されることがしばしばあります。そのようなものは長い間使われていた機械を用いなければ製造できなかったり、独特の手法で行わなければ味のある商品が作れないこともあります。

 実際、日本のある企業が生産をストップした商品が海外でヒットし、それゆえに生産を再開するために急遽その商品を生産する機械を操作できる人を探したという事実があります。そのため自分のスキルや経験が時代遅れであり、活用する場がないと思い込むのではなく、それらも念頭において転職活動を行うことができます。